ベルギーの基本地理

デザインの意味ベルギーの国旗は左から黒、木、赤の三色からなる三色旗になっています。黒:力黄:充実赤:勝利国旗の比率は13:15と一般的な国旗よりも正方形に近いものになっています。歴史ベルギーはもともと隣国ネーデルラント連合王国(1815年 - 1839年)の支配下に置かれていました。しかし国民性の違いや、ベルギーはカトリック国であり、オランダはプロテスタント国であるという宗教的対立などがあり、18...

デザインの意味中央の黒字に金のライオンの盾:ベルギー国家の象徴上部の9つの旗:ベルギーの9つの州を表示(現在は10州)金色(黄色)のライオンが描かれた黒い盾:ブラバント州(※)の紋章※1830年―1995年までベルギーに置かれた州で、中世以来のベルギーの中心勢力であったブラバント公家が治世する州となり、現在の首都、ブリュッセルも置かれています。国章の歴史ベルギーはヨーロッパの十字路にあたると言われ...

トップへ戻る