ベルギーの国章の意味・歴史

0_flag_national_belgium.png

 

デザインの意味

中央の黒字に金のライオンの盾:ベルギー国家の象徴
上部の9つの旗:ベルギーの9つの州を表示(現在は10州)
金色(黄色)のライオンが描かれた黒い盾:ブラバント州(※)の紋章

 

※1830年―1995年までベルギーに置かれた州で、中世以来のベルギーの中心勢力であったブラバント公家が治世する州となり、現在の首都、ブリュッセルも置かれています。

 

国章の歴史

ベルギーはヨーロッパの十字路にあたると言われ、古くから周りの複数の国に翻弄されてきた歴史をもつ国となります。1830年にオランダ(ネーデルランド連合王国)からの独立を果たし、王国としての歩みを進めることとなりましたが、現在の国章は1815年のナポレオン軍との戦い、「ワーテルローの戦い」での勝利を記念したものとなります。そして、1837年より採用されることとなりました。なお、モットーは「団結は力なり」を示しています。他にも、連邦政府により使用されている小紋章やベルギー国王の個人的な紋章も使用されているものがあります。

 

トップへ戻る