ベルギーの歴史

ベルギーは、ユリウス・カエサル率いるローマ軍が、紀元前57年にこの地を占領するまで、ケルト人(ガリア人)の土地となっていました。ローマ帝国が衰退してくると、ゲルマン人が流入してくるようになりました。中世においては、フランドル伯爵やブラバント公国の一部を形成していましたが、15世紀からはブルゴーニュ家、ハプスブルク家などの支配を受けることとなりました。ベルギー王国の成立ナポレオン戦争の戦後処理の為に...

ベルギーの正式名称はベルギー王国と言い、19世紀にネーデルラント連合王国から独立してできました。このネーデルラント連合王国はネーデルラント連邦共和国と南ネーデルラントなどからなっております。そしてネーデルラント連邦共和国が今のオランダとして独立し、残った南ネーデルラントが後にベルギー王国になったというわけです。よってベルギーという名前は19世紀にベルギーが独立して初めて誕生しました。ベルギーという...

年代出来事紀元前前1750年頃-骨壺墓地文化、ハルシュタット文化、ラ・テーヌ文化などが伝来前500年-ケルト人が定住を開始。地中海沿岸地域との貿易を行なうようになる前150年頃硬貨の流通前57年ローマのユリウス・カエサルにより征服される。「ガリア・ベルジカ」という名のローマ属州になる※※メナピィ族、ネルウィイ族、トレウェリ族などが繁栄1世紀現ベルギー、オランダ、ルクセンブルク領を含む一帯に「ゲルマ...

トップへ戻る