ベルギーの歴史年表|古代-中世-近代の重要な出来事

ベルギーの歴史年表|古代-中世-近代の重要な出来事

ベルギーの歴史年表|古代-中世-近代の重要な出来事

年代 出来事
紀元前

前1750年頃-
骨壺墓地文化、ハルシュタット文化、ラ・テーヌ文化などが伝来

 

前500年-
ケルト人が定住を開始。地中海沿岸地域との貿易を行なうようになる

 

前150年頃
硬貨の流通

 

前57年
ローマのユリウス・カエサルにより征服される。「ガリア・ベルジカ」という名のローマ属州になる※

 

※メナピィ族、ネルウィイ族、トレウェリ族などが繁栄

1世紀 現ベルギー、オランダ、ルクセンブルク領を含む一帯に「ゲルマニア・インフェリオル(低地ゲルマニア)」と呼ばれる新しい属州が成立
2世紀
3世紀
4世紀 キリスト教が伝来
5世紀

前476年
西ローマ帝国の崩壊

 

466年頃
フランク王国(現フランスの祖)初代王クロヴィス1世が、現ベルギー領トゥルネーに生まれる

 

481年
クロヴィス1世が即位しメロヴィング朝フランク王国が成立。低地ゲルマニアもフランク王国の支配下に入る

6世紀
7世紀
8世紀
9世紀 北欧からヴァイキングによる侵攻を受けるようになる
10世紀
11世紀

・複数の封建国家が成立

 

・モザン美術が栄える

12世紀 織物業が発展し、北西ヨーロッパの経済の要となった。
13世紀

・神聖ローマ帝国の力が弱まったことで、フランスやイングランドの干渉を受けるようになる

 

・フランスから圧力を受けるようになり、フランドル伯(現在のベルギー北部)がフランスの属国となる。

14世紀 ブルゴーニュ公国により、現ベルギー、オランダ、ルクセンブルクにあたる地域が政治的に統一され、ネーデルラント(低地地方)と呼ばれるようになる
15世紀

★ブリュッセル、アントウェルペンなどで商業化・工業化が加速した

 

1477年
婚姻によりネーデルラントがハプスブルク家領になる

16世紀

1549年
ネーデルラントの諸国からなる、独立した国家群ネーデルラント17州(正式名称「ベルギカ・レギア」)が成立

 

1517年?
宗教改革が起こり、ベルギカ・レギアでもカトリックとプロテスタントの宗教的分裂が発生

 

1568年-1648年
ネーデルラントにおける宗教的対立にスペインが介入し、八十年戦争に発展。結果、現ベルギーのほとんどで、カトリック優勢の南ネーデルラントが、スペインにより征服された。

 

1581年
ネーデルラントの北部諸州が独立宣言を発し、ネーデルラント連邦共和国が成立

 

1585年
南ネーデルラント総督に任命されたスペイン軍人のファルネーゼが、ベルギーの陥落作戦を敢行。ベルギー全域をスペインの支配下におくことに成功した。

17世紀
18世紀

1702年
スペイン継承戦争の勃発

 

1713年
ユトレヒト条約で南ネーデルラントはオーストリア・ハプスブルク家の支配下に

 

1789年
フランス革命の勃発

 

1790年
オーストリアの中央集権的政策に反発し、南ネーデルラントがベルギー合衆国として独立を宣言。しかしまもなくしてオーストリアに鎮圧される

 

1795年
オーストリアがフランスとの戦争に敗れ、今度はフランスに占領される

19世紀

1815年
ナポレオン戦争終結後のウィーン会議で、南ネーデルラント(=ベルギー)はオランダ(ネーデルラント連合王国)の支配下に置かれる

 

1820年代中期
ワロン地域を中心に産業革命が始まる

 

1830年
オランダからの独立を求め、ベルギー独立革命が勃発。ヨーロッパ列強の支持もあり、立憲君主制の主権国家として独立が果たされた

 

1835年
大陸ヨーロッパ初の鉄道が開通

 

1839年
ロンドン条約の締結:イギリス、フランス、プロイセン、オーストリア、ロシア立ち合いのもと、オランダがベルギーの独立を承認。完全なる独立が果たされた

20世紀(大戦期)

1914年
第一次世界大戦が勃発し、ドイツが中立国ベルギーに侵攻。これを受けたイギリスが、ロンドン条約の規定に従いドイツに宣戦布告

 

1918年
ドイツが降伏し、ベルギーが解放される

 

1939年
第2次世界大戦が勃発。ベルギーは中立政策をとろうとするも、ナチス・ドイツの侵攻を受ける。ドイツ軍を押し返せず降伏。ベルギー政府はイギリスに亡命

 

1944年
連合軍によりベルギーが解放される

20世紀(冷戦期)

1948年
ベネルクス関税同盟の発効/北大西洋条約機構の先駆とされるブリュッセル条約の締結

 

1949年
本部をブリュッセルに置く北大西洋条約機構に加盟

 

1960年
コンゴ動乱:ベルギー領コンゴで反乱がおき、コンゴ第一共和国として独立

トップへ戻る