ベルギーの正式名称や国名の由来・語源

ベルギーの正式名称や国名の由来・語源

ベルギーの正式名称や国名の由来・語源

ベルギーの正式名称はベルギー王国と言い、19世紀にネーデルラント連合王国から独立してできました。このネーデルラント連合王国はネーデルラント連邦共和国と南ネーデルラントなどからなっております。そしてネーデルラント連邦共和国が今のオランダとして独立し、残った南ネーデルラントが後にベルギー王国になったというわけです。よってベルギーという名前は19世紀にベルギーが独立して初めて誕生しました。

 

ベルギーという名前の由来

ベルギーという名前の由来は諸説ありますが有力とされているのは、ベルガエという名前からとったという説です。ベルガエとはベルギガという土地に住んでいた民族のことで、ベルギガは現在は無くて、古代ローマの時代にあった土地の一つです。ベルギガはローマ帝国が滅びた後もフランク王国の中心地でしたが、フランク王国が分割されるとともに、ベルギガも別の地名に変わっていったと言われています。

トップへ戻る